ロゴ
>トピックス>UVコーティングで床ピカピカ!住みやすい家へと変える施工

UVコーティングで床ピカピカ!住みやすい家へと変える施工

床

木の温もりを感じることができるフローリングは、住宅やマンションの床に広く採用されています。お洒落で、しかも掃除もしやすいことから人気のフローリングですが、ひとつ面倒なのが床を保護するためのワックスがけです。そこで最近では、多くの人が専門業者によるコーティングを利用しています。定期的に行う必要があるワックスがけとは異なり、コーティングは一度施工すれば十年から数十年は手入れ不要です。手間いらずで耐久性に優れているのがコーティングのメリットですが、その中でも特に注目を浴びているのがUVコーティングです。これは文字通りUV、つまり紫外線で固まる性質がある特殊な塗料を使用したコーティング方法です。その特徴は圧倒的な仕上がりの美しさ、そして耐久性・安全性などの機能面においても他のコーティング方法に勝っている点です。まさに、現段階でのコーティング界のチャンピオンと言えるのがUVコーティングなのです。

見た目が美しくて高機能、まさに才色兼備のUVコーティングですが、そうなるとやはり気になるのが費用の問題です。実際、市販ワックスの利用に比べれば、UVコーティングはかなり高額であることは否めません。また、シリコンやガラスなど他のコーティング方法と比較しても費用はかさみがちです。ただし、ここで注意をしなければならないポイントがあります。それは、トータルで必要となる費用です。たとえ一度にかかるお金が小額でも、ワックスがけは最低半年に一度はやり直さなければなりません。また、他の方法によるコーティングの耐久性は、長いものでも20年程度です。それに対して、UVコーティングの寿命は少なくとも30年、これはフローリング自体の一般的な耐用年数を大きく超えるものです。つまり、一度コーティングを行なえば、再度施工する必要はないということになります。耐久性に優れたUVコーティングは、たとえ初期費用が高くてもコストパフォーマンスに優れたメンテナンス方法なのです。

作業員